即日融資を考えていたらしい

大概、私が連絡役です。直接、本人に聞いた方が早いと思うことも。通訳みたい。
母から「兄が連絡欲しがっている」と。じゃあ、兄が連絡してきたら?と思いました。
ところが、今回は事情が違っていたのです。兄はケガをしていたのでした。
極端にひどくはない傷でしたが、転んだらしいのです。兄は歩けるとのことでした。
ただ、携帯を壊したらしく、連絡は実家にいる母しか分からなかったのです。
病院からではなく、友達の家からでした。治療台についてかなと思うと、違いました。
事情は何か分かりませんが、私に即日融資出来るところを聞いてきました。
私には分からないので、とにかくケガの事情を聞いてみました。ただ、「転んだ」と。
何だか携帯が壊れたことの方がショックだったみたいでした。そこへ兄の友達が。
どうも、借り入れをしようと向かっている時だったらしく、友達は「水臭い」と。
「最初に俺に聞いてからなら貸したのに」と言って、兄をつついていました。
兄は「お互い給料日が同じだから、聞いたらいけない。給料日まで借りようかな」と思ったと。
友達がお金を貸してくれると、「悪い!給料日には来る!」と言ってました。
その上、病院も時間外で高かっただろうと、病院代まで兄に貸してくれました。